海鮮網焼きと旬菜バイキング(千葉県南房総市・ホテル南海荘)

あーした。 
デカ盛りと、道の駅巡りが大好きな埼玉県在住のマーです。
このブログを見に来てくれてありがとうございます。

本日(2017年6月23日)は、道の駅を2つ巡って急いで家に戻りました。
さらに急いで千葉県南房総市まで行くぞ~!!と意気込んでいましたが、
その前に寄り道もして行かなければならないので急ぐのは無理か・・。って事で、
マイペースで千葉県南房総市のホテル南海荘に行きました。
ホテル南海荘

チェックインの手続きをしていると、
「本日のバイキングは、2部制ではなく18時~20時30分になります。何時から入られますか?」
と尋ねられたので、18時~と伝えました。

さあ、バイキングまで時間があるので、お風呂に入りますYO!
そんな流れで風呂に入ったのですが、上がったらお酒が飲みたくなりました。
来る途中にコンビニで、バイキングの事を考えてチューハイを少々買ったんです。
アルコール6%の500mlのチューハイを2本~。














足らん・・。

瞬殺してしまったので、ホテルの自販機を探しに行きました。
ホテル南海荘2

ホテル南海荘3

徘徊している時に、少し冷静になれました。
今、お酒を1リットル飲んでいるので、これ以上飲むとバイキングに支障が出るような・・。
支障が出ないように、チューハイの度数も9%を選択しなかったのに。
って事で、アルコール3%の350mlのチューハイを買いました。笑


さて、18時になるのでバイキング会場に行きますよ~。
バイキング会場に行き、入口で部屋の番号を伝えます。
そして指定された席に着きます。(朝食の席は自由でした)

さあ、取りに行って来ます。
ホテル南海荘4

ホテル南海荘5

ホテル南海荘6

ホテル南海荘7

ホテル南海荘8

ホテル南海荘9

まずは、寿司・天ぷら・わらさの刺身・なめろう・鉄板焼きのラインナップ。
天ぷらは揚げたてなので美味~。わらさの刺身も、なめろうも美味い~。
で、この中では鉄板焼きが一番美味しかったです。牛ではなく豚だったけど。

また取りに行きます~。
ホテル南海荘10

ホテル南海荘12

ホテル南海荘11

上の2枚の写真はフェイントです。
何、邪道な事してるんだと思ったでしょ。笑


目玉料理も取りに行きますよ~。
ホテル南海荘12

ホテル南海荘15

海鮮網焼きは、サザエ・海老・ホタテの3種類です。
サザエと海老はボイルしているので、ある程度炙れば食べれるみたいです。
ホタテは、かなり焼きましょう。と書いてあります。
ホテル南海荘13

ホテル南海荘14

こんな感じで楽しんでいて、飲み物のメニューに手を伸ばした瞬間に

従業員さん:何にしますか?

満面の笑みで来たので断る訳にはいかないと思い、「生中」を頼みました。
さっき飲んだチューハイが今頃お腹に効き始めたのに、さらにビールが追加されるのか・・。
しまったなあ・・。チューハイを程々にしていればよかったなあ。
ホテル南海荘16

まあ、ビールを飲まない訳にはいかないだろうって事で、
ビールを飲みながら海老とホタテをつまみます。

海老食べて思ったんだけど、殻剥く時に手がベタベタになります。
オシボリでは拭ききれないので、お手洗いに行こうかな?と思ったけど、めんどくさい。笑
次からは、サザエとホタテをしっかり頂きます。


ホタテの為に火力UP!!
ホテル南海荘17

ホテル南海荘18

ホテル南海荘19

ホテル南海荘20

これは早いや。
で、食べ進めていると他にも何か食べたくなったので、
また取りに行きます。
ホテル南海荘21

ホテル南海荘22

ホテル南海荘23

ホテル南海荘24

今使っているコンロで釜飯を作る事が出来ますが、
今の僕には、それを食べる余力はありません。なので、カニ汁をチョイスしました。
しかし、ビールが進んでいかないのにカニ汁入るかな?


さあ、勢いで行くぞ!!
ホテル南海荘25

ホテル南海荘26

ホテル南海荘27

海鮮網焼きを食べながら、箸休めにかき揚げ入りのサラダをチョイス。
かき揚げは、いらなかったな・・。一気に苦しくなってきたよ・・。
こうなったらアレを食べるしかない!!
ホテル南海荘28

ホテル南海荘29

ホテル南海荘30

ソフトクリームとサザエって結構合うんだね。初めて知りましたよ。
ソフトクリームで復活するかと思いましたが、もう無理みたいなので次で最後にします。
ホテル南海荘31

ホテル南海荘32

3種類全ての海鮮を揃えて、ソフトクリームをおかわりして終了です。
生中を頼んだので伝票を持って出口に行くと、サインをして後日支払になりました。

お腹いっぱいです。ご馳走様でした。

にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ








関連記事

コメント

非公開コメント