関東「道の駅」スタンプラリー2016年分 群馬県・たくみの里(087/165)

あーした。 
デカ盛りと、道の駅巡りが大好きな埼玉県在住のマーです。
このブログを見に来てくれてありがとうございます。

「道の駅あぐりーむ昭和」にある「旬菜館食堂ことぶき亭」さん
「超大盛りそば」を頼んで、それが来る前に本日の予定を考え直していました。
お腹がはち切れそうになっても回れる道の駅は何処かなと。(温泉などは危険なので)
まあ、思ったほど量はなかったので一安心しましたが、
それを想定して予定を組んだので予定の通り行ってみます。

県道65号を戻って→国道17号→県道53号で、「道の駅たくみの里」に行きました。

途中、空に黒い雲が出て雨が降ってきたので、気分が・・になりましたが、
国道17号で、「道の駅 月夜野矢瀬親水公園」の看板を見てあの時の事を思い出しました。
「今季最大の寒波到来だから、雪が多そうな所に行ってやる」でしたね。

あの時に比べれば、こんな少量の雨なんて軽い軽い。
モチベーションが逆に上がってしまいました。で、現地に着く頃には雨が止んでました。

ラッキ~!!
道の駅たくみの里



道の駅の目の前に、目立つビニールハウスがあります。
看板に「いちごの家」と書いてあり、人がそこそこ居ます。
パッと見ると、テーブルなどが見えているので、いちご狩りだけではなさそう。
道の駅たくみの里2

さっそく外周の探検に行きたいと思います。

車から出て駐車場から見渡したのですが、全体像が掴めない。
多分、道の駅の周りに道路を挟んで建物が多々あるので、それが原因かな。
なので、スタンプブックを見て、案内図を見て、
後は、今居る場所から離れて反対側に行き、遠くから道の駅を見ると
なんとなく理解出来た気がします。
道の駅たくみの里3

道の駅たくみの里4



まずは、「うさぎ広場」から入って行きます。
道の駅たくみの里5

館内に入ると、親子連れがウサギに餌をあげていました。
なんかカップみたいなものを手に持っていたので、何処かで餌を売っているんだろうな。
その様子を凝視するわけにも行かないので軽く周りを見てみると、
1匹だけ隔離されているのに気が付きました。なぜ別にされているんだろう?
道の駅たくみの里6

道の駅たくみの里7

道の駅たくみの里8


次は、農産物直売所に行ってみます。
道の駅たくみの里9

館内に入ると、レジの横の冷蔵庫に見覚えがある品が・・。
気のせいだろうと思って館内をぐるりと回ろうとすると、
見切りコーナーにもそれがありました。
道の駅たくみの里10

「たくみの里のむヨーグルト」を、「道の駅 月夜野矢瀬親水公園」で買っていたんだよなあ。
僕的にはココで、「たくみの里のむヨーグルト」を買わなければいけなかったんじゃないの?
スタンプブックをよく見て行動してなかった証拠ですね。反省します。


ここの直売所で購入したのはコレです。
道の駅たくみの里11

道の駅たくみの里12

道の駅たくみの里15


たくみの里 凍み豆腐 税込み550円(2017年4月15日)


アイデアしだいで様々な料理に大活躍か・・。
最近マーボー豆腐に、はまっているので豆腐と一緒に入れてみるか。
どんな感じになるかな~。


次は、売店と豊楽館食堂に行ってみます。

売店の入口では、うさぎがお出迎えしてくれました。
(そっぽ向いてるってツッコミは無しで)
道の駅たくみの里13

道の駅たくみの里14

↓豊楽館食堂さんのメニュ~
道の駅たくみの里16

館内をぐるりと回ると、
ここの道の駅の、お菓子の人気ランキングがありました。
道の駅たくみの里17

3位の「かりんとうまんじゅう」と、2位の「くるみゆべし」は食べた事があるので、
1位の「みなりん」を買いたいと思います。

「みなりん」は、1個で税込み150円(2017年4月15日)なので少々お高めかな。
まあ、その分美味しいって事ですね。
道の駅たくみの里18

道の駅たくみの里19

道の駅たくみの里20


みなりん(6個入り) 税込み950円(2017年4月15日)


こんなに可愛い箱だから、箱代が少し加算されてもOKです。
お土産には最適だと思いました。


売店を出て帰ろうとすると、案内図の裏側に
道の駅の前にある「いちごの家」のメニューの写真が貼ってありました。
道の駅たくみの里21

雪いちごカキ氷      500円(2017年4月15日)

雪どけイチゴスムージー  500円(2017年4月15日)

雪いちごトーファー    700円(2017年4月15日)


などがあります。

こんなに美味しそうな物があるんだから、人が集まるわけだ。
今度行ってみよう。

ご馳走様でした。

にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ








関連記事

コメント

非公開コメント